本文へジャンプ

西南濃粗大廃棄物処理センター

施設について

組合概要


設立年月日 昭和47年11月10日
構成市町 大垣市・海津市・養老町・垂井町・関ケ原町・神戸町・輪之内町・安八町
構成市町人口 303,096人 (平成27年 国勢調査人口)
組合議員 19名 (構成市町の首長・議会議長 等)
管理者 大垣市長 小川 敏
副管理者 養老町長 大橋 孝
組合職員 10名 (事務局 4人 施設運転 6人)

組合の歩み


昭和47年 組合設立
昭和48年 旧破砕処理施設 完成
昭和60年 基幹的改良(破砕機ローター交換)
平成元年 旧破砕処理施設 貯留ピット 完成
平成6年 フロンガス回収 開始
最終処分場 完成
平成10年 現破砕処理施設 完成
平成22年 現破砕処理施設 手選別設備 導入
平成24年 旧破砕処理施設 解体


施設概要


施設名称 西南濃粗大廃棄物処理センター
所在地 〒503-1277
岐阜県養老郡養老町有尾字下池663番地
連絡先 TEL:0584-37-2103
FAX:0584-35-3789
敷地面積 45,961.18m2

破砕処理施設


処理ごみ 粗大ごみ 不燃ごみ
処理方法 破砕処理 + 機械選別 + 手選別
処理能力 70t/5h
機械選別品目 可燃物  不燃物  鉄  アルミ
手選別品目 ステンレス  銅線  真鍮  その他
主な設備 横型回転式破砕機  2軸推進破砕機  磁力選別機(4台)
アルミ選別機(2台)  不燃物可燃物分離装置  風力選別機
手選別設備  金属圧縮機(2台)
排水処理設備  ボイラー設備  発火監視・消火設備

一般廃棄物最終処分場(管理型)


埋立ごみ 不燃物 (破砕残渣)
埋立面積 10,100m2
埋立容積 30,600m3
埋立方式 サンドイッチ方式
浸出水処理 50m3/日
処理方式 接触曝気 + 凝集沈殿 + 砂ろ過 + 活性炭 + 消毒
西南濃粗大廃棄物処理センター 施設について ゴミについて 直接搬入方法 見学について 各種公表データ お問い合わせ アクセス リンク サイトマップ