本文へジャンプ

西南濃粗大廃棄物処理センター

見学について

センターへの視察・見学申込方法


受入日 平日 火曜〜金曜 (月曜はメンテナンス日のため運転していません)
※土曜・日曜・祝祭日・年末年始は受入できません
申込書
PDF
PDF
EXCEL
EXCEL
西南濃粗大廃棄物処理センター
視察・見学 申込書
ファイルをダウンロードし必要事項を記入の上、下記申込先までメールかFAX、または郵送にてお送りください。
注)任意様式でも構いませんが、日時・人数等の必要事項はご記入ください。
申込先(連絡先) 西南濃粗大廃棄物処理組合 (西南濃粗大廃棄物処理センター)
〒503-1277 岐阜県養老郡養老町有尾字下池663番地
TEL:0584-37-2103  FAX:0584-35-3789
E-mail:
申込方法
(手順)
  1. 視察・見学予定日を当センターへ電話でお問合せください。
    注)補修工事などで運転停止していたり、会議や他団体の視察・見学によって受入できない場合がございますので、事前に日程をご相談ください。
      ↓
  2. 視察・見学日が決まりましたら、申込書をダウンロードするか任意様式に必要事項を記入のうえ、申込先(連絡先)までメールかFAX、または郵送にてお送りください。
      ↓
  3. 申込書を提出しましたら、受付完了です。
      ↓
  4. 見学当日はセンター職員の案内に従って行動してください。
見学の際の注意 ※天候不順な場合は傘をご持参ください。
  (見学中、一部建物外を歩きます)
※児童が工場内を見学する場合は、上靴を準備されると便利です。
  (スリッパは準備してありますが、大人用です)
※工場内は様々な機械やスイッチがあるので無断で触らないでください。

よくある質問


Q. ゴミはどこから集められてきますか?
西濃地域の2市6町(大垣市・海津市・養老町・垂井町・関ケ原町・神戸町・輪之内町・安八町)です。

Q. 施設はいつできましたか?
昭和48年から稼働しており、現在の施設は平成10年から稼働しています。

Q. 施設では何人働いていますか?
センター職員としては事務所に4人で工場には6人の合計10人が働いています。
(工場の一部仕事を職員以外の方4人に委託しています。)

Q. どのようなゴミを処理していますか?(何が多いですか?)
粗大ごみと不燃ごみを処理していて、主に家具や家電製品、プラスチック製品など様々な種類があります。

Q. 年間どれだけのゴミを処理していますか?(1日でどれだけか?)
令和元年度1年間で6,797トン、1日約28トン処理しています。

Q. どうやってゴミを処理していますか?
“回転式破砕機”という機械でゴミを粉々に砕いて、燃えるゴミ・資源ゴミ・埋立ゴミに分別しています。

Q. 何をリサイクルしていますか?
機械や人の手で分別した、鉄・アルミ・ステンレス・銅線・乾電池・蛍光管等をリサイクルしています。

Q. 工場にはどんな機械がありますか?
ゴミを運ぶ「コンベヤ」やゴミをつかむ「クレーン」、ゴミを砕く「破砕機」、分別するための「磁選機」、鉄やアルミを固める「プレス機」や監視する「カメラ」や「センサー」など様々な機械が多数あります。

Q. ゴミを処理するのに困るものは何ですか?
爆発の危険がある中味の入ったスプレー缶やガスボンベです。
爆発防止装置がありますが、余分な燃料や修理費用がかさみ困っています。

Q. 私たち(捨てる人)にお願いしたいことは何ですか?
ゴミの量を減らすために、使えるものは再利用し、リサイクルしやすいよう分別をして出してください。

西南濃粗大廃棄物処理センター 施設について ゴミについて 直接搬入方法 見学について 各種公表データ お問い合わせ アクセス リンク サイトマップ